交通事故での整骨院と医療機関(病院・整形外科)の正しい通い方|茨木市駅徒歩4分のアイリス茨木整骨院

営業時間
  • 茨木市駅徒歩4分
  • 電話番号
  • アクセス

交通事故での整骨院と医療機関(病院・整形外科)の正しい通い方

交通事故での医療機関の正しい通い方

整骨院と医療機関の正しい通い方

交通事故治療を開始するにあたり、正しい通い方を知っておく事が大切です。
まずは交通事故が起きてしまった場合、現場ですべき適切な対応についてご説明致します。

①交通事故が起きた場合は必ず警察に連絡
警察に現場の事故処理・対処をしてもらい、事故後に警察に届け出る事で交通事故証明を発行する事ができます。
この交通事故証明は保険金を請求する際に必要な書類になりますので必ず交通事故が起きた場合は警察に連絡してください。
警察に連絡せず、示談(その場で話をつける)にしてしまうと治療費を請求できなくなる恐れがありますので気をつけてください。
②加害者(相手側)の情報確認
加害者(相手側)に関する情報を控えるようにしてください。
・名前、住所
・電話番号
・相手側の自動車保険会社、証明番号
・車の車種、ナンバー
メモやペンがない場合は携帯電話のカメラで書類や免許、車体を撮影しておくのも一つです。
③保険会社に連絡
保険会社にも交通事故に遭った事を伝えましょう。保険会社に連絡せずに通院した場合、保険金が支払われない場合もありますので注意してください。病院の名前や事故の進捗など小さな事でも連絡するようにしてください。
④まずは医療機関(病院や整形外科)で診断をうける
今後適切な治療受ける為にはまず医師の診断(診断書)が必要になりますので、少しでも痛みや違和感のある個所は医師にしっかりとお伝えし、レントゲンやCT、MRIなどの検査、診断を受けましょう。

続いて整骨院と整形外科の違いについてご説明致します。まずは病院や整形外科等の医療機関の特徴ですが

といった診断書の作成や重大なケガや病気に対する治療が中心になります。骨折や外傷などで入院や手術が必要な場合は病院や整形外科などの医療機関が適しています。

一方、整骨院(アイリス茨木整骨院)の特徴ですが

といった手技を中心に各患者様に合わせた施術・サポートを行うことができるので、幅広い症状に対応しております。
特にムチウチなどの捻挫や打撲・肉離れといった症状はレントゲンやMRI等の画像検査では見つけにくく、神経や筋肉の損傷や身体の微妙な歪みをそのまま放置されると痛みが長引くばかりか後遺症が残る場合もありますので、異常ナシと診断されたのに痛みがある方や安静にしているだけで不安な方は骨折後のリハビリ、捻挫、打撲、肉離れに得意な整骨院(アイリス茨木整骨院)への来院をお勧めします。

整骨院と病院・整形外科との併院について

交通事故交通事故直後は医療機関(病院・整形外科)へ受診し、検査と診断(診断書)を受けることが重要です。
その際担当の医師に痛みや痺れ、違和感など少しでも気になる箇所をお伝えして、レントゲン等の画像で確認してもらう事が大切です。
重大な外傷や炎症がなければ診断書をお持ちのうえ、来院いただければ整骨院での治療も併せて受けていただく事が可能です。
整骨院で痛みや痺れを改善させる施術をうけながら、医療機関で定期的な画像検査、経過を診てもらったり、骨折部の修復促進や骨折後のリハビリを目的に整骨院と併院される方も数多くいらっしゃいます。

また、ムチウチ(首の捻挫)や腰の痛み(腰の捻挫)は完治させないと痛みがぶり返したり、後遺症になる事がありますので、医療機関の検査で異常なしと判断されたにもかかわらず痛みや違和感でお困りの方はすぐにでも整骨院へ受診される事をオススメします。

アイリス茨木整骨院では経験10年以上のスタッフが医療機関では見つけられなかった痛みの原因を見つけ出し、根本改善へと導きます。
骨癒合を促進させる超音波治療や筋肉の深部まで刺激を加え痛みを軽減させるハイボルテージ 治療等、最新の治療機器と確かな経験を元に施術にあたりますので安心して交通事故治療を受けていただけます。また、電話やLINE@でも交通事故に関する相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


トップページへ戻る

院情報
予約フォーム
施術メニュー

一覧を見る

症状別メニュー

一覧を見る

当院の交通事故治療について
交通事故での怪我・リハビリ

一覧を見る

最新情報

一覧を見る

最新情報カテゴリー

訪問鍼灸マッサージアイリス治療院は東京、大阪合わせて12店舗展開中です! (東京)八王子市・立川市・吉祥寺 (大阪)吹田市江坂・池田市・高槻市・西宮市・尼崎市・守口市・箕面市・大阪市西区堀江

 
 

Copyright © アイリス茨木整骨院 All Right Reserved.